アクションゲーム

2Dアクションゲームなら、「横スクロール」「縦スクロール」「全方向スクロール」「固定画面アクション」「探索型」
3Dアクションゲームなら、「無双系アクション」「スラッシュアクション」「ハンティングアクション」「自分(一人称)視点型」
などがあります。

 

『パックマン』『ドンキーコング』で認知され、1985年にファミコンで任天堂から発売された『スーパーマリオブラザーズ』が、横スクロールにジャンプ、パワーアップアイテム、豊富なギミックのあるステージとあらゆるアクション要素を満載して世界中で爆発的大ヒットを記録しました。
スーパーマリオの人気によってファミコンそのものの普及も促し、進化を続けたアクションゲームは欠かせない人気人気ジャンルとなり、多数の派生ゲームが作られるようになっていきます。
1991年にメガドライブで発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』も、世界で400万本を出荷するヒット作となっています。
90年代に入ると、『ファイナルファイト』のようなベルトアクションや『ストリートファイターII』に代表されるような2D対戦格闘ゲームが大ブームとなり、家庭用・アーケードを問わず人気を博すように。
2000年頃になると、技術の進化に伴ってより多彩な動きが可能になる3Dアクションゲームが多く作られるようになっていく。
NINTENDO64で発売された『スーパーマリオ64』は、立体空間でのアクション・視点操作が受けて大ヒットし、またしてもマリオが2Dアクションから3Dアクションへ転換させる大きな流れとなったのです。
以降は、『真・三國無双』『バイオハザード』『メタルギア』など、多数の3Dアクションゲームが人気を博すようになります。
世界では『グランド・セフト・オート』に代表される、オープンワールドで展開されるクライムアクションゲームが一大ブームになっていきます。
携帯ゲームの普及によって、個人が小型のゲーム機を持ち寄ってゲームをプレイするスタイルが定着した日本では、『モンスターハンター』のようなハンティングアクションが大ブームとなり、ポケモン以外のゲームでも協力・競い合い・交換する通信プレイが一般的になっていくようになりました。

 

日本ではアクションゲームとRPGが人気ジャンルで大きな存在ですが、スマートフォンゲーム市場でも多数のヒット作が出て業界を引っ張っています。