シミュレーションゲーム

シミュレーションゲームは、何かを仮想体験して楽しむゲームの総称である。
国内では「SLG」と略されることが多く、戦争系(戦略級・戦術級)から、経営・育成系までと幅が広いです。
RPG要素を強めたものはSRPGと呼ばれます。
戦略系のシミュレーションゲームは「ストラテジー」と呼ばれ、ターン制の「TBS」とリアルタイム性の「RTS」に分化されます。

  • ウォー・シミュレーション
  • 経営育成シミュレーション
  • 実機シミュレーション
  • リアルタイムストラテジー

主なジャンル

ウォー・シミュレーションゲーム
主に軍隊の指揮者のように兵隊に行動を指示して戦闘をする内容のゲームです。
国内では「戦略シミュレーション」「戦闘シミュレーション」「タクティクス」などと呼ばれているジャンル。
海外ではシミュレーションゲームではなく戦略を意味する「ストラテジー(Strategy)」ゲームという独立したジャンルとなっています。

ストラテジーという言葉が国内では馴染みがないため、代用としてシミュレーションという呼称が使用され、以降定着してしまったと言われています。

こういった背景からか国内のコミュニティやメディアでは、国産のゲームは戦略シミュレーション、海外産のゲームはストラテジーという呼び方がされていることも多いと言われています。

 

 

経営・育成シミュレーションゲーム
街や会社やスポーツチームなどの設立や経営をするゲーム。
海外では、CMS(Construction and Management Simulation)と呼ばれています。国内では、スポーツチームなどの人材のマネージメントを行うものは人材を育成するという意味から「育成シミュレーション」としても扱われています。

 

ロールプレイングゲーム(RPG)
役割(Role)を演じる(Play)という意味合いから、ロールプレイングゲームもゲームの構成によってはシミュレーションゲームとしての要素を含んでいゲームです。
登場人物をコマとして動かす戦闘シミュレーションゲームを模したシステムを採用していることが多いためである。複数の登場人物を戦闘経験により能力向上させていくという「育成シミュレーションゲーム」としての要素を併せ持っています。
シミュレーションRPGを日本国内において広く知らしめたのは、任天堂の『ファイアーエムブレム』シリーズ。

 

実機シミュレーションゲーム
主に実在する電車や飛行機などの乗り物の操縦をゲーム上で再現し体験するゲームで、エースコンバットのような飛行機の操縦を扱うものであれば「フライトシミュレーター(フライトシム)」、自動車であれば「ドライビングシミュレーター」と呼ばれます。電車でGO!も、このジャンルに該当します。
より再現性を高めるためにジョイスティックやステアリングコントローラーをはじめとする専用のコントローラーやデバイスを使用するゲームも多い。そのほか、乗り物の操縦だけではなく業務内容や会社の経営なども再現したゲームもあります。

 

リアルタイムストラテジー(RTS)
ゲームのテーマ自体はウォー・シミュレーションゲームと同じく戦闘を再現することにあるが、ゲーム中はリアルタイムで進行し、各ユニット(大小さまざまな部隊、登場人物の単位)などに命令を与えて行動させます。同時に緻密な操作をすばやく行うアクションゲームとしての性質も持ち合わせていることが多いです。
戦闘だけでなくて、建築物の建設や資源の確保(その役割のためのユニットの存在も必要となる)などの要素も取り入れ、現在ではネットゲームの主要な一ジャンルとなっているほどです。