ハイスコアガール

押切蓮介による漫画作品で、1990年代の対戦型格闘ゲームブームを背景として、『ストリートファイターII』の対戦を因縁としてゥり拡げられるラブコメディ作品。
アーケード・家庭用ゲームが話の中心となり展開されますが、登場人物たちの心理表現が実際にゲームに登場したキャラやプレイ画面などを通じて表現されているところが面白いです。

 

ゲーセン通いをしていた小学6年生の矢口ハルオは、ストリートファイターIIの対戦で1人の強敵に出会う。
その相手、クラスメイトの大野晶は下町のゲーセンには不似合いな、成績優秀で金持ちのお嬢様であるが・・・実は凄腕のゲーマーだった。
ゲームしか取り柄の無いハルオは、憩いの場から彼女を追いだすため、手段を選ばずハメ技を使ってまで勝とうとするが、激怒した晶に殴り倒された上、行きつけのゲーセンから出入り禁止を喰らってしまった。これが2人の因縁の始まりとなる。
ゲームをプレイするために足を運ぶ先々で顔を合わせる2人は、ゲームを通じて少しずつ親密になり掛けがえのない存在になってゆく。
そんなある日、ハルオは突然、晶が海外へ転校すると聞かされる。
・・・というのがストーリーです。
主人公ハルオの成長が描かれていて、一見すると晶との勝負に執着しているようですが・・・実は純粋な愛情で、彼女のために人として男として成長していく姿に感動します。
中学生編から登場するヒロイン「日高小春」 の登場により、恋愛要素が強くなっていき三角関係になっていきますけど、お互いの想いのぶつかり合いが切なく読み応えのあるものとなっています。

 

 

著作権侵害問題のため、連載休止と刊行されたコミックス及び関連書籍の自主回収や電子書籍版の配信停止が行われることになりますが、スクウェア・エニックスとSNKプレイモアが和解が成立し、それから8ヶ月後に連載再開を発表し、 三ヶ月後「月刊ビッグガンガン」にて2年振りに連載が再開。
回収されたコミックも問題となったSNKプレイモアに関連する描写が変更されて、 『ハイスコアガール CONTINUE』として再販されています。
無事完結し、テレビアニメが放送されて第一期終了後も、ROUND13〜15、OVA発売&Netflixにて配信決定する事が告知されています。

ドラゴンクエスト

MADARA