バイオハザード RE:2

1998年に発売された『バイオハザード2』の「バイオハザード2」の完全リメイクです。

 

 

主人公は、前作の主人公クリスの妹「クレア・レッドフィールド」と、後にアンブレラの中枢と激闘を繰り広げる新米警官の「レオン・S・ケネディ」になります。
前作の舞台となった洋館事件から2ヵ月後の、「ラクーンシティ」が今作の舞台です。
ウイルスに感染してバイオハザードの渦中にある生ける屍と化した市民に驚愕しながらも、絶望的な状況で出会った2人は、謎の女性・エイダ・ウォン、か弱き少女シェリーと共に市警の挙動の謎とゾンビ化の背景に見え隠れするアンブレラ社の陰謀に迫ります。

 

 

表での行動の一部が、裏での行動の一部に影響を及ぼすザッピングシステムやストーリーの大筋などは、過去作と変わらないのですが、操作性と映像は格段に良くなった印象です。
主要人物以外の人物の行動や顛末は大幅に変更されていて、新しく登場する人物も追加されています。
クリーチャーについては、ゾンビが敵キャラが容姿の種類を増やした一方で、登場そのものをカットされたクリーチャーもいるようです。

 

 

過去作を遊んだ方も、強くなったゾンビと強化されたドラマ性のおかげで恐怖と緊張感を存分に体感することができるでしょう。
難易度は高めで、バイオシリーズに慣れしていないと、すぐに囲まれ殺されるかもしれません。追跡者のタイラントの存在も厄介です。
しかし、現在のゾンビゲームとしての恐怖と臨場感は傑作の域に達しており、クリア後の隠し要素「The 4th Survivor」と「The 豆腐 Survivor」も収録されているなど非常に豪華な内容となっています。
シリーズファンはもちろん、熱心なゲームファンにオススメする絶対やるべき名作です★