ワイルドアームズ

ワイルドアームズは、メディアビジョンが開発してソニー・コンピューターエンタテイメントが販売したRPGです。

 

 

SFとファンタジーと西部劇を融合した世界観は、シリーズ共通。
「荒野と口笛のRPG」というキャッチフレーズで、剣と魔法と銃声と荒野が高度に融合した世界観がファンの心を掴んだ作品。
王道R P Gっぽいデザインと西部劇という設定からか、発売当初は注目されていない印象でしたが、初代プレイステーション・・・次世代機のR P Gは少ない状況だったので、熱心なファンからの要望により続編が発売されると一作目も同様に、丁寧な作りが評価されて『ポポロクロイス』『アークザラッド』と共に、R P Gファンからは初期のSCEの三大R P Gと支持されました。
以降の作品は、「2」「3」「4」とナンバリングがされていますが、舞台が「ファルガイア」という名の惑星であること以外は世界観・ストーリーなどはまったくの別。

 

 

主人公のロディは、実は人造人間ですが強力な旧文明のあらゆる破壊兵器ARMを扱うことができるパーティーの攻撃担当です。
ザックは、早撃ちという剣技の使い手で「居合い」の達人です。
セシリアは、唯一の紋章魔法を使うことができます。
攻撃・補助・回復役を担う、パーティーの要ともいうべき存在です。
強過ぎる力を持った故に周囲から迫害されてきた少年ロディ。魔族に仲間たちを殺され、復讐のために「絶対たる力」を求める青年ザック。公女という立場から誰も自分自身を見てくれない(愛してくれない)と偏見を抱く少女セシリア。「ひとりぼっち」だった3人の運命はやがて一つに重なり、魔族の目的を挫くべく協力して旅立つことに。

 

 

敵側の魔族の幹部「ナイトクォーターズ」も、一癖も二癖もあるキャラクターが揃っていて、「マザー」の真の目的やロディの真実やレディ・ハーケンとザックの因縁・・・など中盤からストーリーも盛り上がっていきます!
ホント、RPG初心者にもオススメできるゲームですね。
エンディングも、大団円で言うことなしです。

 

 

『ワイルドアームズ アルターコード:エフ』は、第四作であり、初代のリメイク。ですが、開発コンセプトはリメイクではなく「フェイク」らしいです。
「アルターコード」とは改造記号、「F」とはファースト(初代)であり、フェイク(偽物)であり、四作目(フォース)のことです。

 

 

今となっては初代PSの古いゲームですけど、紛うことない名作です!
ワイルドアームズやろうぜッ!