隠れた名作!

高橋名人の冒険島

 

 

 

 

 

数あるファミコンゲームの中でも、クリアが困難な無理ゲーが結構存在します。
ゲーム自体がセーブ機能がなかったり、当時としてはメーカーとしても直ぐにクリアされても都合の悪い時代だったので、高難度のゲームは多かったのです。
その中でも、「魔界村」「忍者龍剣伝」「高橋名人の冒険島」の三タイトルは、ベスト10に入るほど人を選ぶ無理ゲーという伝説があります。
ゲームセンターCXの有野課長も、このタイトル名を聞くだけで顔がひきつるとか。(笑)
とくに無印の初代高橋名人の冒険島は激ムズで、ロケハンでクリアできなかったばかりか、番組の中でも上級の腕を誇った浦川氏でも全クリアに30時間を要したいう鬼のような難易度なのです。

 

 

ゲームは、『ワンダーボーイ』というゲームを移植するにあたって、当時人気だった実在のハドソンの広報担当の高橋名人を主役キャラクターに差し替えてみようという案が採用され、ゲームのシステムや中身は『ワンダーボーイ』そのままで、もろもろのキャラクターを変えてしまったのが、高橋名人の冒険島なのです。
これは、意外と知られていないんですね。

 

 

このゲームが難しい所以とされているのが、最初の段階で名人が攻撃手段の石斧を持ってないことが挙げられます。
武器となる石斧やマジカルファイヤーは卵から出てくるのですが、どのステージでも都合のいいように配置されているわけでもなく、隠し卵だったり・・そもそも配備されてない所もあるのです。
高橋名人自体は敵を踏み潰して攻撃できるわけでもなく、当たれば即死となってしまいます。
マリオより弱いんです。
そうなってくると、敵や障害物は避けて進むしかないのですが・・・難易度は劇的に変わってきます。
しかも、初見殺しの罠がてんこ盛りなので、とにかく敵の配置とギミックのトラップを覚えての反射神経が必要となるゲームです。
それでも、8-3のリフト降下からのコウモリ地獄は語り草ですけど・・。

 

 

当時、このゲームを含めて高橋名人が「ゲームは1日1時間!」と言っていたので、本気とは思えません。
とても全8ステージを。1時間でクリアできるゲームではないのですから・・。
コンティニューは、ラウンド1-1ゴール手前にある隠しアイテムの「ハチ助」を取る事で可能となっているが、あまりにも難易度が高いため「ハチ助」の入手は必須です。
私も、ファミコン版はクリアできずに諦めました。

 

 

しかしながら、1作目にあたる『高橋名人の冒険島』は105万本を売り上げるミリオンを達成した大ヒット作となっていて、当時は所持している人も多くて攻略に燃えたものです。
1作目から間をあけて、「U」が発売されてからは、オリジナルシリーズとして6作目まで発売されています。
本作を元きにしたスピンオフのアニメ『Bugってハニー』も放映され好評でした。
まぁ、高橋名人のフィーバーぶりは『コロコロコミック』の漫画のネタのデマが広がったくらいですから・・・。

 

 

GBAのファミコンソフト復刻版シリーズ『ファミコンミニシリーズ』の第二弾タイトル(2004年5月21日発売)として本作が移植されていて、コチラにはセーブ機能がついています。私も、クリアできたのはアドバンス版でした。
GBAでは、ハドソンベストコレクションの一つ「冒険島コレクション」にIVまでのシリーズ全てが収録されたものも発売されました。(私も持ってますが、今ではレアです。)
PCEでは『高橋名人の新冒険島』、SFCでは『高橋名人の大冒険島』・『高橋名人の大冒険島II』の二作が発売されています。
後にも、ゲームキューブとPS2でハドソンセレクションのタイトルのひとつとして3DCGでリメイク。
Wiiや3DS、WiiUのバーチャルコンソールでも配信されていました。

 

 

ちなみに、『高橋名人の冒険島W』は、任天堂公認ソフトとしては最後に発売されたファミコンソフトとなっています。
なんだかんだといって、数々のゲームに移植された愛されたゲームなんですよね。

 

 

 

 

 

 


たけしの挑戦状

 

1986年12月10日にタイトーが発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト。
当時にお笑いタレントとして絶大な人気を誇っていたビートたけしが制作に参加したという伝説の作品。
ファミコンのゲームで芸能人の名前が冠されたソフトはこれが初めてで、ビートたけし自身の人気も相まって話題を呼んだのですが、一般にはクソゲーの代名詞として扱われています。

パッケージの裏にはビートたけし氏本人によるプレイヤーへ向けてのメッセージが書かれていて、「まず、今までのファミコンソフトと同じレベルで、この作品を考えないようにして欲しい」といったコメントが載っているのですが、実際にプレイしてみると、それらが「決して冗談でなく本気の言葉であるか」を思い知らされることになります。

 

 

理不尽・不条理なゲーム内容

ストーリー


そのサラリーマンは、いたって普通のサラリーマンだった。
給料は並で、家族は妻と子の三人暮らし、趣味はパチンコと酒。
そんな平凡な毎日の生活が、彼のすべてだった。
こんな彼の未来に、あのような出来事が待ちかまえていようとは、誰が想像しただろう。
ああ、これ以上はもう言えない。
この物語は、ふとしたはずみで、非日常的な世界に引き込まれてしまった男の喜劇である。
(説明書より抜粋)
操作する主人公キャラは「薄汚れた町並みの中に住み、粗暴な言動が目立つ所帯持ちのしがないサラリーマン」という設定で、そんな彼がふとした事から財宝の在処が示された地図を手に入れ、それを探しに旅立つという冒険物語…ということです。
一応はプレイヤーを操作して謎解きをしていくアクションアドベンチャー。
当時としては異常なほどの行動の自由度の高さ・選択肢の数の多彩さで、前衛的でシュールなゲーム内容は後の北野映画作品に通じるものがあり、道行く住人や自分の家族を無差別に攻撃したり、多種多様な店で様々なサービスが受けられるといった自由度の高さなどは、後の「グランド・セフト・オート」に通ずるモノがあるとも言われています。、その攻略方法は、どれもこれもノーヒント。
自分で考えて答えを予想して行動しなければいけないのですが、その答えに辿り着かないほど奇想天外かつ理不尽極まるものばかり。当時としては攻略情報参照なしでクリアできた者がいたとは到底思えないほどの凄まじき難易度でした。これこそがこのゲームがクソゲー呼ばわりされている最大の理由だそうです。

ビートたけしは本気で沢山のアイディアをもっていたらしく、当時のファミコンの性能では実現できなかったアイディアが大半で、タイトー側も苦心して作っていたそうです。

殆どの人は話しかけても「人類みな兄弟だよ、仲良くしようよ」「あなたは神を信じますか?」などと、本当にヒントにならないどうでもいい返事をするのですが、「きみ 5ふんがしょうぶだ」「しんだら3かい」というように、恐ろしく断片的で初見ではヒントになるのかすら分からないものが大半。
余りにも理不尽すぎる謎解きゆえクリア不能者が続出。しかも最初に発売された攻略本があまりの情報量でカバーできておらず攻略にすらなっておらず、ユーザーの抗議電話に応対した編集者があまりもの苦情の多さに辟易した挙句、「担当は死にました」と嘘をぶちかましたと言う逸話も。

ゲームよりも大田出版から発売された攻略本の上・下巻のほうが(読み物として)面白いデキとなっており、絶版となった現在では高額で取引されるとか。

 

 

驚愕のバカゲー

異様なまでにリアリティを帯びたブラックジョーク的要素が各所に散りばめられていて、並大抵の発想力では攻略できない狂気、ほのぼのしたグラフィックなのに過激すぎる世界観、そしてクリア後のオチに至るまで、作中のあらゆる面で一貫してプレイヤーを食ったような雰囲気が感じられ、バカゲーとしても究極の完成型といえるでしょう。
しかしながら、『リアルタイムが必要となる場面』『マイクを使わないといけない』などが攻略に採り入れられ、酒を飲む・資格を取得するといった自由度の高さも先駆けて実現されていたのには驚かされました。
現在ではゲーム機の時計機能を利用したシステムや本体にあるマイクを使う事が多く見受けられるようになっています。
結果として前衛的な要素ばかりが悪目立ちし、最悪のクソゲーと評されるように

 

 

実は・・・伝説級の名作?!

2009年3月31日よりWiiのバーチャルコンソール(その後Wii用VCは2019年に終了)、2017年8月15日よりAndroid・iOSでも配信されています。
たけしの挑戦状は伝説級のクソゲーとして有名ですけど、セールス的には大コケするどころかかなりの売れ行きだったようで、開発者によれば『80万本売れた』とのことです。
人を選ぶゲームなのは間違いないですけど、天才・北野武の斬新すぎるアイデアがちゃんとゲームとして機能しているので、近年になって評価されている迷作です。

ドラえもん ハドソン・ファミコン版

 

 

 

 

 

 

1986年12月12日にハドソン(現:コナミデジタルエンタテインメント)から発売されたアクションゲーム。
カセットの色から「白ドラ」と呼ばれたりもします。
大人から子供までみんな知ってる国民的アニメ『ドラえもん』。ドラえもんシリーズは、DSWiiなどでもたくさん出ていますけど、今作はファミコン版のドラえもんシリーズ初作品です。
売上本数は驚異の115万本を記録しています。数あるドラえもんゲーの中でも、ぶっちぎりの売り上げです。

 

 

『ドラえもん』のTVゲームといえばエポック社セガの作品が有名ですが、本作は『ボンバーマン』・『桃太郎伝説』・『高橋名人の冒険島』などで有名なハドソン(現:コナミデジタルエンタテインメント)が製作・販売しています。
ファミコン世代なら、当時のCMをどこかで観たこともあると思います。

 

 

3つのゲームが楽しめる?!

本作のゲームシステムは、当時のファミコンのゲームとしては斬新なものでした。
ストーリーは『開拓編』『魔境編』『海底編』の3部構成で、各ステージごとにゲーム内容がガラッと変わるのです。
ステージ1はトップビューのマップを冒険しながら、時折サイドビューに切り替わるアクション面。ステージ2はシューティングゲーム面で、ステージ3は画面切り替え方式のサイドビューのアクションゲームパートとなります。
ステージ数は全3面と少なめなのですが、まるで異なる3本のゲームを遊んでいるようなバラエティに富んだステージ構成はすごく魅力的だったのです。
各ステージは『ドラえもん』の劇場版作品である『のび太の宇宙開拓史』『のび太の大魔境』『のび太の海底鬼岩城』をモチーフに設計され、誰もが知っているひみつ道具も登場するので、こだわりの作りになっています。

 

 

はぐれた仲間たちを見つけだす!

本作は、タイムマシンのトラブルでドラえもんとはぐれてしまった「のび太」「しずかちゃん」「スネ夫」「ジャイアン」の4人を見つけだすのが目的。
さらにご都合主義でドラえもんの四次元ポケットまで故障してしまい、頼みの綱の「ひみつ道具」まで各ステージに散らばってしまいます。そこでドラえもんはひみつ道具を回収しながら仲間たちを捜索する……といったストーリーです。
ステージ1の「開拓編」は、映画『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』がモチーフ。
ドラえもんの武器は「ショックガン」「空気砲」「強力うちわ」の順にパワーアップし、威力は2倍、3倍と強くなる仕様。また「連射ドリンク」というアイテムを取ると、初期状態では単発式の攻撃が、最高4連射まで可能となります。
何もない(画面上では見えない)ところに攻撃を当てて、隠されているアイテムやマンホールなどを見つけだす仕組みでした。
ステージ2は「魔境編」と銘打たれた『のび太の大魔境』がモチーフのシューティングステージ。タケコプターをつけたドラえもんが空を飛び、敵を倒しながら進行していきます。
最初は右方向に進むシューティングゲームなのですが、場面に合わせて上下にスクロールが切り替わるのが珍しいシステムでした!
進路によって無限ループするエリアなどもあり、単体のシューティングゲームとしても完成度は高かったです。

隠し通路には、敵の攻撃を防ぐ「ひらりマント」や『グラディウス』シリーズでおなじみの“リップルレーザー”のような武器となる「スモールライト」などが配置。また道中で「スネ夫」や「ジャイアン」を救出すると、『グラディウス』の「オプション」のようにドラえもんにくっついて援護してくれます。

ちなみにジャイアンを連れている時に2コンのマイクに音声を入力すると一度だけではあるがボスを含む画面内の敵を全滅させるという裏技が有名です。

 

 

最終面となる「海底編」は、映画『のび太の海底鬼岩城』がモデル。ステージ1、2で助けた「のび太」「スネ夫」「ジャイアン」は再び行方不明になっているので、まずはその3名を救出するところから始まります。
この面は、サイドビュー画面の水中アクションステージで、ドラえもんがダメージを受けたときの無敵時間がなくなっています。
ステージ内には「とりよせバッグ」「通りぬけフープ」「鍵」「お守り」といったアイテムが出現し、固定の場所にランダム配置。8つある宝箱のうち、3つに仲間が閉じこめられています。
マップ内を何度も行き来して、アイテムをマメに取り替えながら進行するという、ちょっとした謎解き要素もあるステージでした。

 

 

原作の設定を活かすアイデアが満載

ファミコン初期の“キャラゲー”には、原作から名前を借りてきただけのクオリティが低い作品も多かったのですが、ハドソンの『ドラえもん』はキャラの動きやアイテムの用途に至るまで、原作愛が感じられる豪華な内容でした。
アニメの主題歌のアレンジなどを含むBGMも良質な印象です。
難易度はかなりシビアですが、本作の後も『ドラえもん』を題材にしたゲームはたくさん発売されましたが、その中でも屈指の名作だったと思います。

 


ラストエトワール