隠れた名作!

raf WORLD 【ラフ ワールド】

 

 

 

 

 

 

 

発売はサンソフトで、製作は東海エンジニアリング
ガンで敵を倒し、各種アイテムを取ってパワーアップしながら進む、ライフ制の横スクロールアクションゲームになります。
全5ステージとボリュームは少なめなのですが、なかなか高難易度のアクションゲームです。
ファミコン後期のサンソフト作品らしく、作り込みがは丁寧な名作として知られています。

 

 

ストーリー


宇宙暦0373年――地球の人口は膨大に膨れあがり、もはや人類は地球だけでは生活できなくなっていた。――そして、人は宇宙に新天地を求めた。
ジェイ(JAY.Mc CRAY)の父は有能な技術者であり、現在はシリウス星系のコロニー開発計画『シリウス・プロジェクト』のスタッフとして働いていた。
しかし、『シリウス・プロジェクト』は実験中に研究所周辺をも巻き込む、大爆発をおこす。
この事故で、ジェイは唯一の肉親である父を失い、また開発データのすべてを失った『シリウス・プロジェクト』も、中止へと追い込まれていく。
だが、ジェイは父の書斎から一枚のディスクを発見した。そのディスクにはコロニー開発の為の全データと、そして、最後には父の言葉が…
「シリウス・プロジェクトを何者かが阻止しようとしている。ジェイ。もし私に何かあったときは頼む、私の後をつぎコロニーを完成させてくれ!!」父は自分の死を予感していた!?
しかし、プロジェクトの失敗をもくろむ奴らが再び動きだした!
コロニーを完成させるためには奴らと戦うしかない。ジェイは父のかたきを討ち、『シリウス・プロジェクト』を成功させる為に今、敵地へと乗り込んだ!!

 

 

紆余曲折のあった開発経緯

当初、1984年の映画『ターミネーター』第1作のファミコンゲーム化として開発されていたそうなのですが、ゲームの内容が原作映画のプロットに沿っていないとして、サンソフトはライセンスを取り消されてしまいました

米国サンソフトが1988年にライセンスを取得し、アーノルド・シュワルツェネッガーの写真を取り込んだタイトル画面や、実際のゲーム画面も公開されているという事実があります。

結局、そこからカットシーンやタイトル等を差し替え、本作はオリジナル作品『ラフワールド』として発売されたとか。
『ラフ』のスペルは、裏技で表示できるオプション画面では『ROUGH』となっているのですが、『ワールド』は後から急遽、追加された可能性が高いと考察されています。

 

 

システム

武器選択システムで、中ボスを倒すと新たに武器が順次追加されていきます。
ハンドガン以外の武器は、使用のたびエネルギーが減少します。

本作はライフ回復アイテムがランダムの上、ほとんど出現しないので、基本的にステージクリア時に全快する以外、回復の機会はないと考えた方がいいでしょう。

敵の配置・攻撃・すべてが計算されているので、使用する武器の持ち替えが攻略の鍵になります。
このため、多少歯ごたえはあるものの遊びやすい難易度になっています。
コンティニューは3回あって、それ以降はゲームオーバーでタイトル画面に戻ります。

 

 

最高とまで言われるほどのミュージック!

一見すると地味な地味なゲームなのですが、本作を知る人の評価として知られているのが、「BGMが素晴らしい」ということです。
曲自体のカッコよさもさることながら、音の抜けの良さや厚みから、とてもファミコンの音源とは思えないクオリティは思えないほど。
音楽については、ファミコン最高峰のBGMと言っても過言ではないでしょう!
アクションゲームとしても、シンプルながら硬派アクションゲーマーを熱くさせる作りで、非常に丁寧なゲームバランスとして設計されていることから、入念にパターンを構築していけば驚くほどスムーズな進行も可能になっています。
ソフトはプレミア価格となっていて、バーチャルコンソールなどの配信もなかったのですが、2020年5月にNintendo Switch Onlineでの配信が決定されました!
この機会に、是非ともプレイしていただきたい作品です♪。


ラストエトワール