いっき

1985年7月にサン電子(後のサンソフト)より稼働されたアーケード用アクションシューティングゲームで、同年にファミリーコンピュータに移植されました。
農民の「ごんべ(権べ)」を操作して悪代官の屋敷まで殴りこみにいくという内容ですが、「一揆」を題材にしたはずなのに最大で二人同時プレイしかできないという破天荒な設定が、イラストレーターのみうらじゅんにクソゲーという言葉をつかわせたことで、クソゲーの元祖として知られています。
これ以降、『クソゲー』という言葉が確立されました。

 

 

ジャンルは多方向スクロールのアクションゲームとされることが多いですが、内容的にはシューティングゲームの要素を多く含むゲームです。
ファミコン版は全部で4面しかないので飽きるのは早いですけど、内容そのものはアーケード版と比べてもハード性能上で劣化してしまっている箇所が多いのですが、オリジナル版のコミカルなバカゲー要素がメジャーなファミコンへの移植によってユーザー間に広まったとされています。

 

 

2001年にはWindows用ソフト『Ultra2000 サンソフトクラシックゲームズ2』、PlayStation『メモリアル☆シリーズ サンソフト Vol.1』に収録された他、バーチャルコンソール対応ソフトとして2007年にWii、2013年にニンテンドー3DS、Wii Uにてそれぞれ配信され、2010年にはWindows用ソフトとしてプロジェクトEGGにて配信されています。アーケード版は2012年にWii用ソフトとしてバーチャルコンソールアーケードにて配信された他に、2015年にはPlayStation 4用ソフトとしてアーケードアーカイブスにて、2017年にはWindows用ソフトとしてプロジェクトEGGにて、2018年にはNintendo Switch用ソフトとしてアーケードアーカイブスにてそれぞれ配信されたクソゲーとは思えないほど愛されている人気ゲームです。