隠れた名作!

ランキング

【中古】ファミコンソフト 元祖 西遊記 スーパーモンキー大冒険 (箱説あり)

1986年11月21日、バップより発売されたファミコン用ソフト。
クソゲーの話題になったら、知っている人がいれば必ず挙げられるタイトルではないでしょうか。
タイトル通り『西遊記』をモチーフにしているのですが、原作のエピソードを活かしたシナリオ展開などは微塵もなく、物語性そのものが皆無なのです。
スタート後、いきなり孤島に投げ出されるのでそこから手探りで進まなくてはいけません。
倒すための情報やアイテムを集めるとかそういうイベントもまるっきりないので盛り上がりません・・・。
フィールドマップは無駄に広いのですが、移動速度は1秒間に2マス程度ととんでもなく遅い。
天竺に向けてひたすらフィールドマップを歩き続ける『だけ』という、退屈極まりない内容となっています。

価格 感想 クソゲー度
2,080円 箱説ありを買おう

 

名作、あだち充の「タッチ」がゲーム化したソフト。・・・しかしながら、野球も恋愛もしません!
達也と和也と南ちゃんの3人が、異次元でガイコツや人形や戦車と戦うというヤバい内容。まさに、「原作崩壊ゲー」でしょう。

アドベンチャーゲームなのかアクションゲームなのか分かりません!!
何故なら、普通の推理ゲームではないので!!!
人の話をもう一度聞くようものなら、「もう いいました」という謎の仕様。
不条理な死を乗り越えた人だけがクリアーできるであろうゲーム。

まずクソゲーとして挙げられるアクションアドベンチャーゲーム。
ビートたけしこと世界の北野武が考えたという問題作です!
とはいえ、たけしワールドの世界が何となく感じられます。
しかし、ノーヒントではまず解けないシステムが斬新すぎて、攻略本を解くための攻略本が出たほど。

初めてやる人はゲーム開始から10秒以内で死ぬゲームとして有名です。
敵の弾が小さく見えずらいので注意
とにかく難しいゲームです!
また、OPやボス戦後にポケモンフラッシュのような演出があるので覚えておきましょう。

ラストエトワール