テレビゲーム(据え置き型ゲーム機)

任天堂から発売されたファミリーコンピュータは、圧倒的な性能とサードパーティー制により、多数の良質ソフトや「スーパーマリオ」や「ドラゴンクエスト」などの人気タイトルを生み出し、社会的に認知されるようになる。
エポック社のスーパーカセットビジョンやセガのセガ・マークIIIも発売され、両社ともにファミコンブームに乗る形で一定のシェアを築いたが、キラーソフトを次々と誕生させるファミコンには太刀打ちできなかった。
1987年になり、エポック社に代わって参入したNECホームエレクトロニクスが8ビット機のPCエンジンを発売すると、ゲーム業界が激変する。
当初からマニアックなアーケード作品が多いナムコ等の有力サードパーティーを要し、開発元のハドソンもキラータイトルを用意してファミコンに対抗したのである。
翌年、セガはアーケードゲームの主流の16bitCPU搭載のメガドライブを投入してザワつかせる。さらに、同年12月にはNECホームエレクトロニクスは、世界史上初のCD-ROM周辺機器CD-ROM2を発売する。
任天堂もファミコンの後継機であるスーパーファミコンを発表するも、延期を重ねる事態となり、一体型ゲーム機PCエンジンDuoやセガもスーパーファミコンの性能を上回るCD-ROM周辺機器メガCDを投入して、任天堂に攻勢をかけることに。
しかし、スーパーファミコンが発売されるとキラーソフトの続編タイトルを有す日本国内ではファミコンのブランドを活かした任天堂が、他を圧倒して業界を席巻する。
結果的に、2位にNECホームエレクトロニクス、3位にセガということになった。


1990年代中期

旧世代ハード(据え置き機)記事一覧

ファミリーコンピュータとは、1983年に任天堂が発売した家庭用ゲーム機で略称は「ファミコン」。ゲームソフトの入ったロムを本体に差し込み,テレビに接続してゲーム画面を表示してコントローラーで操作する。ゲームソフト制作会社とライセンス契約を結んで徹底して品質管理を行ったことで良質なソフトを揃えたことが功を奏し、「スーパーマリオブラザーズ」「ドラゴンクエスト」などの大ヒット作も誕生した。ヒットゲームは現...

1988年に発売されたセガの家庭用ゲーム機。家庭用ゲーム機として他社に先駆けて16ビットCPUを搭載。一時期は北米シェアでナンバー1になるなど、セガハード史上最も普及した名機。16ビット機として任天堂のスーパーファミコンより2年先行して発売した。アーケード基板やMC68000を家庭用ゲーム機として初めて搭載し、プロセッサ性能としてはスーパーファミコンを上回る。メガCDと合体させることによりCD-R...

ファミコン初期のサードパーティーで、「桃太郎伝説」「ボンバーマン」「ロードランナー」「高橋名人の冒険島」といった名作を生み出してきた「ハドソン」が、当時のパソコン業界を牽引していた「NEC」と共同開発して1987年10月にNEC-HE(日本電気ホームエレクトロニクス)が発売した家庭用ゲーム機。初代機、通称「白エンジン」と呼ばれています。海外市場では、「TurboGrafx-16(ターボグラフィック...

1996年に任天堂より発売されたスーパーファミコンの後継機です。名前の由来は、本体に搭載されている64ビットCPUより。正式な読みがな表記はニンテンドウ64。通称、ロクヨン。任天堂の据え置きハードとしては最後のカートリッジROM媒体となっています。プレイステーションやセガサターン、PC-FXといった次世代機に比べて大幅に発売が遅れましたが、他機種と比べても抜きんでた性能を持っていた本格的な3D性能...