PlayStation 3(プレイステーション3)

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)より発売された「プレイステーション2」の後継機にあたる、据置型家庭用ゲーム機です。2006年11月11日発売。
現在、国内出荷完了しました。
BD-ROMメディア及びオンラインでの配信に対応しているゲーム機ですが、従来のDVD映像再生機能に加え、ブルーレイディスク映像も楽しめるなど、強力なメディアプレイヤー機能を有する多機能端末でもありました。
別売されているPS3専用地上デジタルチューナー“torne”を使うことで、PS3で地上デジタル放送を視聴したり、内蔵ハードディスクに番組を録画をすることもできるように。
2009年9月に軽量・省電力・省発熱化を果たし、内蔵HDDの容量増量、本体筐体デザインを一新した新型機(二代目筐体機)が登場。

 

主な機能

1.ハイビジョンテレビやHDディスプレイのHDMI、D5・D4端子の何れかにHDMIケーブルで接続すれば、高画質なハイビジョン映像でゲームプレイが可能。
2.PlayStation専用ソフトを全機種利用可能で、インターネットを経由した専用ソフト配信もあります。
3.PlayStation2の専用ソフトは初期型HDD20GBと60GBモデルを除いてはプレイ不可能で、対応機種ではPS2専用ソフトをアップコンバート(アップスケーリング)してプレイ可能になります。
4.インターネットに接続したPlayStation3を介してのアドホック・パーティー機能を使えば、離れたPSPユーザーとのPSP同士のアドホック通信の中継が可能で、モンスターハンターなどを遊ぶこともできたのです!
5.PlayStation4では不可となったCD再生が可能で、PS3のハードディスクに音楽を保存することも出来ます。
また、SONYのWALKMAN(ウォークマン)等に曲を転送することも出来るので、音楽の再生・保存・転送にパソコンではなくPS3を活用するのも良いでしょう。
6.セーブは、HDDで。

 

優れたゲーム機なのですが・・・

非常に極端な性能特性を持っていたので、PlayStation 3を充分に使いこなせるソフトウェアメーカーは限られていたらしくて、「侍道3」などは、PlayStation2のクオリティと評されていたほど。PlayStation2用ソフトのHDリマスター化においては、 十分なパフォーマンスが出ない問題が浮上しています。
『デビルメイクライ』は粗く、『ZONE OF THE ENDERS HD EDITION』においては、後に大幅に描画システムを変更したパッチ適用によって1080p/60fpsや高画質化が施されています。
発売当初は苦戦し、初回出荷台数は8万台とPlayStation2の98万台よりも少なく、PlayStation2の発売初週を大きく下回る結果でした。
また、同時期に発売された任天堂の「Wii」にも引き離され、長らく死守していた家庭用据え置き機のシェア首位を明け渡す事となるのです。
とはいえ、オンラインゲームが主流になる流れを作り、クオリティの高いゲーム作品の映像は現在でも違和感なくプレイできます。
PS3本体を所有していないユーザーが新たにPS3用ソフトをプレイするためには、クラウドゲーミングサービス「PS Now」を利用する必要があります、
隠れた名作も多く、ゲーム中古品はPS4の半分以下の値段で購入出来るのも魅力です!