ドリームキャスト

『夢(dream)を広く伝える(broadcast)』

セガ・エンタープライゼスが日本で1998年11月27日に家庭用に向けて製造した最後の据え置きゲーム機です。
DC・ドリキャスの略称で呼ばれています。
ソニー・コンピュータエンタテインメントに(SCE)のPlayStationに劣勢を強いられていたセガサターンの次世代機として社運を賭けて開発され、日本国内で第6世代ゲーム機の先陣として発売されました。
外見はセガサターンと比べて重箱のような正方形に近いアスペクト比で小型・軽量となっています。
本体カラーはホワイトのみですが、後に限定仕様でカラーバリエーションが展開。
接続端子は、コントローラポートを4個装備して、コントローラーや周辺機器の同時接続が可能。ポートを分配するマルチタップなどの機器は存在せず、最大接続台数は4台までと。背面にはAC電源端子・映像出力端子・シリアル端子と、本体出荷時にはモデムが装着されているエクステンションポートがあります。
インターネット通信機能が標準で搭載されるという、当時では画期的なハードで、エンターテイメントの未来を先取りするマシンとして誕生した「夢のゲーム機」。本格的なオンラインコミュニケーション機能を持つ、業界初の家庭用ゲーム機だったのです。
インターネット通信用モデムを標準搭載し、ブラウザでウェブサイトを見たり、ゲームやチャットによって人と人とのコミュニケーションを楽しませるなど、ソフトウェア“ドリームパスポート”により、誰もがネットワーク機能を楽しむことができました。
同時にネットワーク機能を生かしたオンラインゲームも多数発売。
当時主流だったCD-ROMより大容量の1GBを誇るGD-ROMを使い、大容量のゲームを提供できました。

GD-ROMはソフトウエア供給媒体としてヤマハと共同開発した光ディスクで、CD-ROMとしての機能と同等形状で1GBの容量を持っています。その他でGD-ROMを再生する機器はアーケードゲーム媒体以外ではほとんど存在せず、事実上ドリームキャスト用ゲームソフト専用規格のディスク。

コントローラには、持ち運びを見据えたモニタ付きメモリーカードビジュアルメモリを組み込め、アイテムを表示したり、キャラの状態を出したりということも。
ビジュアルメモリはそれ単体でも携帯してゲーム機としても遊べるため、外でプレイしている人も多く見ることができました。また、アミューズメント施設のゲームと連動したりという仕組みをしたタイトルも。
アーケード基板「NAOMI」との連動など、ハード単体に収まらない拡張性も話題となりました。
グラフィックチップにPowerVR2を搭載し、3D処理能力に特化した性能を存分に発揮させたのです。『セガサターン』の反省を踏まえて、それまでのハード(PSやN64)とは次元の違う美麗なグラフィックが注目を集めました。

 

 

予想だにしない悪夢

湯川専務(当時)を使った大規模なCM戦略も話題をさらい、広告戦略が功を奏してハードとメーカーの知名度が共に急上昇し、「売りに出せば売れる」という人気を誰もが予想したものです。
当時のセガの人気シリーズだった「バーチャファイター」と「セガラリー」、海外では絶大な人気だったにもかかわらず『セガサターン』では続編を出さなかった「ソニック」の最新作を数か月で発売し、湯川専務の宣伝効果もあってか発売日にはドリームキャストが売り切れるほどでした。
しかし、本体発売前から肝心の供給体制が整わないという事態が生じて、生産とソフトウェアの開発に遅れが生じ始めます。
悪いことにチップの歩留まりも向上しないまま、十分な量を確保できなかったことが致命的となって、出荷台数が予定数を大きく下回り、発売日を当初予定の11月20日から27日に一週間延期し、初回出荷量の大幅減、予約キャンペーンも急遽取りやめといった「売りたくても売りに出せない」というかつてない非常事態となることに。
ローンチタイトルの殆どは発売延期となり、他機種の「スマッシュブラザーズ」「ファイナルファンタジー[」とのキラーソフトの被りもあり、品薄と合わせてスタートダッシュを確保したかった末年始商戦での商機を逃してしまいます。
そうこうしている間に、またもライバルであるSCEが立ちはだかり数か月後の1999年3月に次世代機プレイステーション2(PS2)を発表します。
ドリームキャストを超える美麗なCG処理能力と、驚愕のDVD再生機能を搭載。さらに3000タイトル以上という豊富なラインナップを誇るプレイステーションのソフトと互換機能があるという強烈なインパクトを残すのでした。
一方で諸問題が解消されないまま、1000タイトルを誇ったセガサターンのソフトとの互換性を持たず、ソフトの不足で苦戦していたドリームキャストはこの発表だけで致命的なダメージを被ることに。
もう負けるわけにはいかないセガは、最後のテコ入れとして値段を29800円から19900円に値下げを決行し、少しでも2000年3月発売のPS2に対してアドバンテージを確保しようとしたのですが、PS2の発売から数か月で普及台数を追い抜かれてしまい、命運は尽きてしまうことに。
2001年1月にドリームキャストの製造中止と家庭用ハード事業撤退が決定。以降は、それまでに生産した在庫分の値段を9900円に値下げして販売。
家庭用ゲーム機はソニーや任天堂、マイクロソフトの家庭用ゲーム機向けにソフトを供給することに専念することに転換することに。
セガ最後の家庭用ゲーム機となり、セガ初の家庭用ゲーム機SG-1000の登場からドリームキャストまで、約18年のハード事業が幕を閉じるのです。

 

先取りしすぎた「夢のゲーム機」

悲運を遂げたドリームキャストですが、意外にも当時の格ゲーユーザーの評価は高く、「神機種」とまで呼ばれるほどでした。
当時はアーケード格闘ゲームの完全移植というもの自体に需要が多分にあり、アーケードゲーム業界に導入された互換基板「NAOMI」を有していたので、PS2発売後もしばらくはドリームキャストがその需要を一手に引き受けていたからだと思われます。
目立ったヒットがあまりないと思われがちですけど、セガならではの意欲作は数多くて様々な名作が誕生しており、今なお語り継がれる逸材が多く揃っているのも事実。
ソフト開発のコストの安さなどもあり、新品本体の在庫がほぼ無くなった2002年以降も小規模ソフトメーカーを中心に約100タイトルのソフトが発売されていたのでした。ハード事業撤退表明後も新作ソフトが海外のみでリリースされ続けていたことから、ハードとしてのポテンシャルが高かったことは間違いないでしょう。
ハードメーカーとしてのセガ・エンタープライゼスの有終の美を飾るに相応しい、まさに名機だったと言えるでしょう。