携帯ゲーム機

携帯して(持ち運び)できるゲーム機のことで、コントローラー・画面・本体が一体となっており、基本的に場所を選ばずにゲームをプレイすることができるのを携帯ゲーム機といいます。

 

ソフトの交換ができない単一の電子ゲーム「ゲーム&ウオッチ」や、カートリッジ入れ替えでいくつかのゲームが遊べる「ゲームポケコン」などもありましたけど、携帯ゲーム機として携帯ゲーム機市場を確立したのは、1989年に任天堂から発売されたゲームボーイからでしょう。



携帯ゲーム機記事一覧

1989年4月21日に任天堂から発売された携帯ゲーム機。携帯型ゲーム機としては初めて累計販売台数が1億台を突破し、この成功が携帯ゲーム機の原点ともいえる。2台のゲームボーイをつないで楽しむ「通信機能」を使ったゲームも登場し、後のゲームの姿に大きな影響を与えた。マンガン電池で連続10時間、アルカリ電池で35時間という現在の基準で見ても驚異的な稼働時間を獲得している。他社も遅れて高性能な携帯ゲーム機を...

ゲームボーイの名を冠した完全カラーで遊べる次世代後継機。99%以上の互換性があり、専用ソフトの他にゲームボーイやゲームボーイカラー用のソフトを使用することもできた。ゲームボーイ・ゲームボーイカラー用ソフトで通信機能を使う場合、通信ケーブルは旧型のものを用意する必要があった。GBAケーブルという周辺機器を通して、ニンテンドーゲームキューブ用コントローラとして機能させることも可能で、ゲームボーイプレー...

セガから発売された日本初のカラー携帯ゲーム機。据置きの「メガドライブ」と変わらない1万9800円という価格で登場し、ゲームボーイと比べると割高感はあった気がします。スペックは「セガマークIII」と同等で、当時の携帯ゲーム市場を独占していたゲームボーイよりも性能は上でした。別売のチューナーをつけると携帯テレビになるのも、当時としては珍しかったです。単3型アルカリ乾電池6本でプレー時間が3〜4時間でし...

2004年に任天堂が発売した携帯型ゲーム機。通常の液晶画面となる上画面に加えて、タッチパネル機能を持つ下画面で構成された2画面構成となっているのが特徴で、この2つの画面「Dual Screen」より、DSと名付けられました。DSはゲームボーイアドバンスとは別系統の計画で制作されていて、ゲームボーイシリーズではないですが、新世代の任天堂の携帯ゲーム機として実質的な後継機となりました。タッチパネル画面...

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)により発売された携帯ゲーム機。日本での発売日は2004年12月12日。略称は『PSP』。ソニーから発売された最初の携帯ゲーム機です。4.3インチの液晶ディスプレイとアナログパッドを搭載して、メジャーな携帯ゲーム機としては唯一、ソフトウェアをディスクメディアで供給した携帯型ゲーム機でもあります。メモリースティック PRO DuoやUSB接続によるデータ...