PlayStation Portable(プレイステーション・ポータブル)

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)により発売された携帯ゲーム機。
日本での発売日は2004年12月12日。略称は『PSP』。
ソニーから発売された最初の携帯ゲーム機です。
4.3インチの液晶ディスプレイとアナログパッドを搭載して、メジャーな携帯ゲーム機としては唯一、ソフトウェアをディスクメディアで供給した携帯型ゲーム機でもあります。メモリースティック PRO DuoやUSB接続によるデータのやり取り、音楽・動画・静止画の再生、システムソフトウェアアップデートによる機能の追加など、現代のスマートフォンの原型のような機能を特徴とします。
当時現役の据え置きハードだったPlayStation2に匹敵するほどのグラフィックと、携帯ゲーム機としては異例の光ディスク「UMD」を採用するなど当時としては異常に高性能なハードで、巨大な液晶画面とROMに比べて大容量を収録できるUMDが目立つ特徴でした。
当時の据え置きゲーム機と大差ないクオリティのゲームを多数輩出しつつも、初代PlayStationセガサターンスーパーファミコンの名作のリメイクをリリー氏して人気を博した名機です。

 

 

ネットワーク機能などで発展性も優れており、当初はブラウザすらなかったが、やがてアップデートによって多数の機能が追加されていきました。
PCやPS3等から動画・音楽等を格納して出先で再生することができるというポータブルメディアプレイヤー機能を有し、特にPlayStation3との連携機能は優秀で一部のソフトはリモートプレイに対応していました。
アドホック・パーティー(adhoc Party for PlayStation Portable)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントが提供するサービスの一つで、インターネットに接続されているPlayStation3を中継点として利用する事で、プレイステーション・ポータブル(PSP)のアドホック通信をインターネットを介して行えるようにしていました。
これによって、「モンスターハンター」や「ゴッドイーター」などの協力プレイがメインのゲームを楽しむことができました。

 

『Nintendo DS Lite』が発売からわずか3年で初代DSとあわせ国内2000万台を突破するなど携帯ゲーム市場を牽引していく状況で、PSPはここにきて販売台数を大きく伸ばして、2008年上半期での販売台数はDSやWiiを上回っていました。国内累計販売台数は2008年7月15日に1000万台を突破。
その中でも『モンスターハンターポータブル』シリーズが、大ヒットしてPSPが大ブレイクしたきっかけとなりました。特に、「2nd G」「3rd」はそれぞれ国内のみで400万本以上を出荷しており、家庭用ゲーム史史上でも記録的なヒットと言えるでしょう。

 


発売から10年以上経過し、さすがにハード性能の不足やUMDの容量限界・・・そして後継機の『PS Vita』の登場により、その勢いは弱まり、ソフトの発売数も減ってきて、2019年4月24日にPSP-3000のアフターサービスが補修部品の在庫が無くなり次第終了すると発表されました。
これにより、PSPシリーズのアフターサービスは完全に終了する事となります。