ゲームボーイ

1989年4月21日に任天堂から発売された携帯ゲーム機。
携帯型ゲーム機としては初めて累計販売台数が1億台を突破し、この成功が携帯ゲーム機の原点ともいえる。
2台のゲームボーイをつないで楽しむ「通信機能」を使ったゲームも登場し、後のゲームの姿に大きな影響を与えた。

 

マンガン電池で連続10時間、アルカリ電池で35時間という現在の基準で見ても驚異的な稼働時間を獲得している。
他社も遅れて高性能な携帯ゲーム機を発売したが、大型で電池の消耗も激しかったため、ゲームボーイほどの成功を収める事はなかった。

 

湾岸戦争で爆撃されても壊れないゲーム機として有名だが、初期モデルは液晶の耐久性に問題があり、経年した個体は液晶が寿命を迎えているものが多い。(爆撃で焼けた個体も中身は無事だったが、液晶はさすがに熱で溶けたので交換している)。

 

本機は当時の据え置き機で扱われていたほぼ全てのジャンルのゲームを扱う事ができる事を示した。
サードパーティからも多くのゲームソフトが売り出され、90年代前半には大ヒットした。
『ポケットモンスター 赤・緑』『テトリス』『SaGa』シリーズなどの名作を生み出し、当時の据え置き機で扱われていたほぼ全てのジャンルのゲームを扱う事ができた。
性能はファミコンを下回るかに思えるが、多くの点でファミコンを上回る高性能マシンだった。
ファミコンより小さい筐体で、液晶画面が加わったにもかかわらず価格が安くなっているのは、さすが!任天堂!!と言わしめた。

 

ゲームボーイブロス ・ゲームボーイポケット・ゲームボーイライト ・ゲームボーイカラー といった様々なバリエーションと周辺機器が作られた。
完全次世代後継機としてゲームボーイアドバンスが発売される。
アドバンスでも、ゲームボーイのソフトを遊ぶことが可能。
そのままDS・3DSと続き、現在に至る。


ゲームボーイアドバンス

ゲームボーイの名を冠した完全カラーで遊べる次世代後継機。
99%以上の互換性があり、専用ソフトの他にゲームボーイやゲームボーイカラー用のソフトを使用することもできた。
ゲームボーイ・ゲームボーイカラー用ソフトで通信機能を使う場合、通信ケーブルは旧型のものを用意する必要があった。
GBAケーブルという周辺機器を通して、ニンテンドーゲームキューブ用コントローラとして機能させることも可能で、ゲームボーイプレーヤーを接続した場合にGBA本体のみでプレイするのと同じ操作感覚でテレビ画面上でプレイすることも可能となる。

 

カートリッジ内のデータセーブは、バッテリーバックアップとカートリッジ内蔵フラッシュメモリ、更にはFRAMまで混在している。
バッテリーバックアップは初期のゲームが多く、ほとんどはフラッシュメモリ内蔵ということ。
単三乾電池二本駆動であるが、取扱説明書においてアルカリ乾電池もしくは専用バッテリーパックの使用を推奨している。マンガン乾電池でも一応は駆動するが電池の消費が早くなってしまう。

 

スーパーファミコンのリメイク作が多数発売され好評を博す。
小さくても、性能ははるかに上である。
画面の解像度はSFCの方が優れているために完全移植は難しかったらしく、搭載機能のこともあり、音質もSFCに劣るものが多かった。
ゲームボーイカラーと比べるとはるかに高性能なハードだったが、反射式液晶が暗いことについては評判が悪くて光源を気にしながらプレイすることが必要だった。

 

後に発売されたゲームボーイアドバンスSPは、後継機であるDSのように本体が折りたたみ式となっており、コンパクトになっている。
リチウムイオン充電池を採用、さらにフロントライト搭載により暗い場所でのプレイも可能になった。

 

ファミコン・スーパーファミコンのスクウェア・コナミ・ハドソンの名作ソフトやファミコンミニなど、中には「くにおくん」みたいにシリーズ作品がまるごと収録されているタイトルもあった。
若い世代が過去のゲーム作品を知るきっかけにもなる。

 

ワンダースワン・ゲームギア・ネオジオポケット・PCエンジンGTと名だたるライバル機があったが、本機の登場で携帯ゲーム機の市場は任天堂の独り勝ちとなった。

 

 

ニンテンドーDS

PlayStation Portable

ニンテンドー3DS