隠れた名作!

ゲームボーイ

 

 

 

1989年4月21日に任天堂から発売された携帯ゲーム機。
携帯型ゲーム機としては初めて累計販売台数が1億台を突破し、この成功が携帯ゲーム機の原点ともいえます。
2台のゲームボーイをつないで楽しむ「通信機能」を使ったゲームも登場し、後のゲームの姿に大きな影響を与えました。

 

マンガン電池で連続10時間、アルカリ電池で35時間という現在の基準で見ても驚異的な稼働時間を獲得している。

他社も遅れて高性能な携帯ゲーム機を発売したが、大型で電池の消耗も激しかったため、ゲームボーイほどの成功を収める事はありませんでした。

 

湾岸戦争で爆撃されても壊れないゲーム機として有名だが、初期モデルは液晶の耐久性に問題があり、経年した個体は液晶が寿命を迎えているものが多い。

爆撃で焼けた個体も中身は無事だったが、液晶はさすがに熱で溶けたので交換している。

 

本機は、当時の据え置き機で扱われていたほぼ全てのジャンルのゲームを扱う事ができる事を示しました。
サードパーティからも多くのゲームソフトが売り出され、90年代前半には大ヒット
『ポケットモンスター 赤・緑』『テトリス』『SaGa』シリーズなどの名作を生み出し、当時の据え置き機で扱われていたほぼ全てのジャンルのゲームを扱う事ができたのです。
性能はファミコンを下回るかに思えるのですが、実は多くの点でファミコンを上回る高性能マシンだったのでした。
ファミコンより小さい筐体で、液晶画面が加わったにもかかわらず価格が安くなっているのは、さすがは任天堂!!と言えます。

 

ゲームボーイブロス ・ゲームボーイポケット・ゲームボーイライト ・ゲームボーイカラー といった様々なバリエーションと周辺機器が作られました。
完全次世代後継機としては、ゲームボーイアドバンスが発売。
アドバンスでも、ゲームボーイのソフトを遊ぶことが可能になっています
そのままDS・3DSと続き、現在に至る。


ニンテンドー3DS

ラストエトワール