少女革命ウテナ

「少女革命ウテナ」とは、原作ビーパパスによるオリジナルテレビアニメ、さいとうちほ原作の同名の漫画です。
監督は、セーラームーンでおなじみ幾原邦彦氏。近年は、「輪るピングドラム」「さらざんまい」が有名ですね。
映画化もされ『少女革命ウテナアドゥレセンス黙示録』が公開されています。

 

新世紀エヴァンゲリオン、機動戦艦ナデシコと並び、スターチャイルドレコードがプロデュースした1990年代を代表するアニメです。
独特でシュールな世界観で、奇抜なデザインに宝塚歌劇と舞台劇のような演出で非常にクセがあり人を選ぶ作品ですが、熱狂的なファンが多い「新世紀エヴァンゲリオン」・「機動戦艦ナデシコ」と並び、スターチャイルド作品の1990年代を代表するアニメでした。
影絵を多用したアバンギャルドな演出と音楽にはアングラ劇団の合唱と、怪しさと幻想的を醸しだした意欲作。
登場人物は何かしらコンプレックスを抱いていて、さまざまなの愛憎を生々しく描かれています。
近親相姦、同性愛なども描いており、アンシーと暁生との関係には衝撃をうけました。

 

 

ゲーム化するなら、対戦格闘ゲームでしょう。
『世界の果て』が仕組む「決闘」そのままでいいと思います。
過去に、セガサターンではゲーム化されているのですが、ジャンルは恋愛アドベンチャーでした。
TVアニメの「少女革命ウテナ」の話なのですが、オリジナルキャラクターをプレイヤーが操作してほとんどの登場キャラクターとの恋愛が楽しめます。
ウテナをよく知らなくても乙女ゲームとして楽しめる傑作です♪

 

主人公の天上ウテナの声優である川上とも子さんは若くして亡くなりましたが、川上さんの代表作といってもいい作品ではないでしょうか。