ドラゴンクエスト? 過ぎ去りし時を求めて

 

 

 

 

 

 

 

国民的ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストシリーズ』の11作目のタイトルは、PS4と3DSで同時発売されました。
最新作は、『ドラゴンクエスト? 過ぎ去りし時を求めて S』として2019年9月27日に、ニンテンドーSwitchから発売されています。
各キャラクター達に声があてられ、追加装備やアイテムなどがあるようです。
Sでは、主人公の結婚相手をエマ以外にも追加しており、カミュなどの男性キャラも選べるとか。

 

 

基本的な内容は同じですが、3DS版は2画面でプレイができ、Switch版と3DS版は馴染みのある2D画面でのプレイも可能という昔からのファンも嬉しい仕様になっています。
過去作からの既存曲も数多く採用されていたのも嬉しかったです♪

 

 

私は据え置き機のPS4版をプレイしたため、ソチラでの紹介になります。
グラフィックに関しては、圧倒的に綺麗になってました。
システム面は過去作と変わらず、戦闘は非リアルタイムのターン制に戻したコマンド式で、今作ではテンションシステムの代わりに、戦闘中特定の確率でゾーンに入り、能力が強化されるようになっています。
今回は、レベルが上がった時にもらえるスキルポイントを各スキルに振り分けることにより、キャラクター独自の技を習得していきます。

 

 

堅実な作りでシナリオで勝負しているゲームでした。
変わらずのドラクエを体験できます。

 

 

フィールドやダンジョン内で女神像がある場所では、キャンプをすることができて、休息による回復やセーブに加えて、仲間との会話や行商人からの買い物(ダンジョン内は除く)もできます。キャンプでのみ行える行動として、複数種類の素材を元に装備品を作成できる「ふしぎな鍛冶」が用意されています。
作成難易度は従来シリーズよりも大幅に低くなっていて、「うちなおしの宝珠」を使用することで、装備品ほぼ全般を強化することも可能となっています。上手く鍛えられれば元の装備品よりも性能がアップします。

 

 

ストーリーは、通例となっているイシの村のしきたりを行なっている際に主人公が勇者の力を発現したことで、育ての母親から自身が勇者の力を持っている事を伝えられます。
亡き祖父が言い残した、出生の秘密を知るためにデルカダールの王に会いに行けと言う言葉に従い、デルカダール城に赴くことになる主人公。

 

 

王に謁見し、自身が勇者である事を伝えますが、そこから事態が一変し、勇者=災いを持たらす悪魔の子という烙印を押され投獄されてしまいます。
同時に悪魔を育てた村ということで焼き払われる故郷のイシの村。
あまりにも無情で理不尽な仕打ちに打ちひしがれた主人公は、同じく囚われていたカミュという青年に出会います。

 

 

ある預言者の予言によって勇者が目の前に現れることを半信半疑で信じていたカミュは、主人公の出現と力を目にして共に地下牢を脱出して逃亡を決意します。
「グレイグ」・「ホメロス」という迫り来る追っ手をかわしながら、やがて「ベロニカ」と「セーニャ」という聖賢の生まれ代わりと称される姉妹と旅芸人の奔放さと騎士道を重んじる「シルビア」に出会います。
徐々に苦難を乗り越え、主人公の出生の秘密の鍵を握る「ロウ」「マルティナ」と運命の再会を果たした後は、真の敵「ウルノーガ」の存在を知ることに。

 

 

やがて命の大樹に辿り着いた一行は「勇者の剣」を見つけるも、ウルノーガの罠にはまってしまいます。
ウルノーガによって世界は崩壊し、勇者の力を失い一人彷徨う主人公でしたが、不思議な占い師によって導かれます。
魔物が支配する滅びゆく世界において救世主と呼ばれる英雄と巡り合った勇者は、そこからウルノーガ率いる六軍王との戦いに身を投じます!
再び仲間達と再会し、勇者の力をとりもどせるのか?!

 

というのが、前半のストーリーです。
絶望の状況から勇気をもって這い上がり、大逆転していく冒険は手に汗にぎる展開です!
ウルノーガとの戦いの後は、副題の過ぎ去りし時を逆行することに。
先代の勇者ローシュ一行の秘密と邪神ニズゼルファに立ち向かう

 

どの味方キャラクターもそれぞれ強みがあり、有効な戦い方を発見すると、一見弱いなと思ってたキャラでも
実はこんなに役立つんだ!って驚きがありました

 

敵を倒してもらえるゴールドと経験値が多めなので、敵からのドロップアイテムが狙いやすくなっていたりレベルアップでの回復効果や、呪文威力大幅な向上

 

宝箱ですが、見つけても装備のレシピだということがとても多く、鍛冶を積極的にはやらなかった自分にとってはあまり嬉しくなかったです。普通に強力な装備が入ってるほうが即戦力になってありがたかったのですが…。馬レース、