いっき

1985年7月にサン電子(後のサンソフト)より稼働されたアーケード用アクションシューティングゲームで、同年にファミリーコンピュータに移植されました。
農民の「ごんべ(権べ)」を操作して悪代官の屋敷まで殴りこみにいくという内容ですが、「一揆」を題材にしたはずなのに最大で二人同時プレイしかできないという破天荒な設定が、イラストレーターのみうらじゅんにクソゲーという言葉をつかわせたことで、クソゲーの元祖として知られています。
これ以降、『クソゲー』という言葉が確立されました。

 

 

ジャンルは多方向スクロールのアクションゲームとされることが多いですが、内容的にはシューティングゲームの要素を多く含むゲームです。
ファミコン版は全部で4面しかないので飽きるのは早いですけど、内容そのものはアーケード版と比べてもハード性能上で劣化してしまっている箇所が多いのですが、オリジナル版のコミカルなバカゲー要素がメジャーなファミコンへの移植によってユーザー間に広まったとされています。

 

 

2001年にはWindows用ソフト『Ultra2000 サンソフトクラシックゲームズ2』、PlayStation『メモリアル☆シリーズ サンソフト Vol.1』に収録された他、バーチャルコンソール対応ソフトとして2007年にWii、2013年にニンテンドー3DS、Wii Uにてそれぞれ配信され、2010年にはWindows用ソフトとしてプロジェクトEGGにて配信されています。アーケード版は2012年にWii用ソフトとしてバーチャルコンソールアーケードにて配信された他に、2015年にはPlayStation 4用ソフトとしてアーケードアーカイブスにて、2017年にはWindows用ソフトとしてプロジェクトEGGにて、2018年にはNintendo Switch用ソフトとしてアーケードアーカイブスにてそれぞれ配信されたクソゲーとは思えないほど愛されている人気ゲームです。

 

エキサイトバイク

 

 

 

 

1984年11月30日に任天堂より発売された、モトクロスを題材にしたバイクレースゲームです。
プレイヤーの操作するバイクには2種類のアクセルがあって、A・Bボタンでこの2つを使い分けます。
Bボタンはターボで、急発進ができて加速率が高く、最速に達する時間が短くなっています・・・が、画面中央部の温度計が限界まで上昇していくとオーバーヒートとなり一時停車しなければならないので、、大幅にタイムロスとなってしまいます。
Aボタンのアクセルは加速率が低く、最速に達する時間が長い。ただし、温度計は2/3ほどで安定し、それ以上になっていた場合は徐々に温度が下がる。温度計の温度は、クールパッドの上を通過すれば一気に下がります。

 

 

プレイヤーの載るバイクは、ライバルのバイクに接触・もしくは平地や坂と平行に傾いていないと着地時に転倒してしまいます。転倒した場合は、A・Bボタンを連射する事により、タイムロスを若干ですけど短縮する事ができます。
バイクの空中での傾きは跳ぶ距離や高さにも影響しますけど、着地を上手くコントロールして効率よく障害をクリアする事が攻略の鍵となるでしょう。
本作ではプレイヤーが自由自在にコースを作ってプレイすることもできるデザインモードがあって、当時としては画期的なモードでした。
スーパーマリオメーカーの元祖といってもいいシステムで、当時は熱狂したプレイヤーが続出したそうです。

 

 

ファミリーコンピュータ対応のROMカセットで発売されて後に、『VS.エキサイトバイク』としてアーケードゲームやディスクシステムで発売されています。
「ファミコンミニ」シリーズとしてゲームボーイアドバンスで移植されたほか、2007年3月13日からWiiのバーチャルコンソールで配信されました。
2011年6月7日からはニンテンドー3DS移植版が「3Dクラシックス」としてダウンロード配信開始。2013年4月27日からWii Uのバーチャルコンソールで配信されています。ゲーム機以外では、ハドソンがパソコンへ移植販売を行っていたほどの人気作品です。