ゲームギア

セガから発売された日本初のカラー携帯ゲーム機。
据置きの「メガドライブ」と変わらない1万9800円という価格で登場し、ゲームボーイと比べると割高感はあった気がします。
スペックは「セガマークIII」と同等で、当時の携帯ゲーム市場を独占していたゲームボーイよりも性能は上でした。別売のチューナーをつけると携帯テレビになるのも、当時としては珍しかったです。
単3型アルカリ乾電池6本でプレー時間が3〜4時間でしたので、ライバルのゲームボーイと比べると違いが明確です。しかし、コンセントから電源を取れるACアダプターをつなげたら電池の時間は関係ありません。そう考えると、カラーでの画面は魅力的で携帯ゲーム機市場で一定のシェアを奪いました。
しかしながら、当時カラー液晶は生産コストが高くてタイトルによっては残像で見にくい場合も。
ゲームボーイを開発した横井軍平は「ライバルがカラーで出てきたらウチの勝ち」と最初から情勢を読み切っていたという説もありますけど、全世界ベースでは任天堂以外のカセット取り換え型携帯ゲーム機の中では最も売れていたのでした。

 

 

2012年3月14日、ニンテンドー3DS専用バーチャルコンソールにて、ゲームギアソフトの配信を開始しています。各300円。
ゲーム画面の残像までも再現した、こだわりの移植に。